クラリスブックス

映画やエッセイ、店のこと

Category

映画について

蟹が苦手な理由が分かった気がした・・・『遊星からの物体X』を超久々スクリーンで見て。

文・クラリスブックス 高松 こんなに大きなスクリーンで『遊星からの物体X』を見る… Continue Reading →

映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』を映画館で見直して

文・クラリスブックス 高松 先日、午前10時の映画祭で上映していた『マイライフ・… Continue Reading →

一枚の映画のチラシから思い出されること。『ピロスマニ』と『遺言』

文・クラリスブックス 高松 映画のチラシは実にさまざまことを物語る。プルーストで… Continue Reading →

一番最初に映画館で見た映画

文・クラリスブックス 高松 一番最初に映画館で見た映画を覚えているだろうか。 1… Continue Reading →

アピチャッポン『光りの墓』を見て思ったこと。

文・クラリスブックス 高松 先日、遅ればせながらアピチャッポンの『光りの墓』をイ… Continue Reading →

ファルコンは大きな犬のぬいぐるみか?『ネバーエンディングストーリー』30年ぶりに見て思ったこと。

先日、『ネバーエンディングストーリー』を映画館で見るという機会があった。名作『キ… Continue Reading →

2017年に見た映画の傾向などについて。

文・クラリスブックス 高松 今年最後のブログ。 2017年はここ数年で一番映画館… Continue Reading →

新宿にある映画館の数とスクリーンの数について。

前回のブログで、雑誌「ぴあ」について延々と思い出話を書いた時、昔は映画館がたくさ… Continue Reading →

4時間の映画に思うこと

文・クラリスブックス 高松 エドワード・ヤンの映画『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺… Continue Reading →

アテネ・フランセに映画を見に行った時のこと

文・クラリスブックス 高松 先日、御茶ノ水のアテネ・フランセに映画を見に行った。… Continue Reading →

© 2018 クラリスブックス — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑