羊が一匹、外へ

こひつじ

こんにちは、クラリスブックスの石鍋です。いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。このたび、当ブログで私が担当してきた映画とか本とかのレビューを別ページに移すことになりました。これまでは店からのお知らせとレビューがごちゃまぜになってしまっていたので、分けてスッキリさせるというのがひとつ。そしてホームページの外側にブログを飛び出させて宣伝の場を増やすことで、もっと多くの方にクラリスブックスを知ってもらいたいというのがひとつ。もちろん、そのついでに記事を読んでもらえたら嬉しいかぎりです。

どこにどう移したかというと、昨年春頃にはじまったピースオブケイクのSNS「note」を遅ればせながら使いました。

ロゴ▲ note クラリスブックスページ ▲

このサービスがどのていど盛り上がっているのかはよく知りませんが、とりあえずけっこう前に登録して放置していたアカウントでやってみました。とてもシンプルでテキストも読みやすく、広告もなく、「マガジン」という機能が便利でいい感じです。クラリスブックス本体のHPやブログ、ツイッターなどとの連携もとりやすいのでベストな選択だったのでは、と今のところは思っております。

私石鍋の名前を出してはいますが、あくまでもクラリスブックスのスタッフとしてのブログということでやっていきます。いわばクラリスブックスのサテライトブログです。とりあえずは過去記事をすべてアップして各マガジンに分類してみましたので、もしよろしければご覧ください。とくに、「クラリスブックスとは?」と思った方には「クラリスブックスとは?」というマガジンがお勧め。当店の概要や古本買取のこと、店名の由来までいろいろ詳しくまとめましたので、疑問の4割くらいは解消するかと思います

IMG_8061

▲ 「クラリスブックスとは?」 ▲

今後、私は基本的にはnoteの方で記事を書いていくことになります。一方このクラリスブックスブログは、店からのお知らせとか読書会案内とか下北沢のお店紹介とか、そういう内容になるかと。

これを機に、ご来店くださるお客様や古本買取のご依頼が増えたら素敵です。先日店番していたら、店内をジックリ見て回っていた外国人がナンチャラカンタラグッド!エクセレント!ウンタラスンタラ・・・みたいなことを言ってくれました。ああいうのってすごく嬉しいです。ネットでたくさん宣伝して、実店舗でたくさん「いいね!」してもらう。それが理想です。

これからも、クラリスブックスをどうぞよろしくお願いします。

クラリスブックス 石鍋健太


カテゴリー: エッセイ, クラリスブックスについて パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です