贅沢なワクワク感と、とても”よい疲れ”――「映画をめぐる美術――マルセル・ブロータースから始める」の感想

こんにちは、石鍋です。東京国立近代美術館で開催中の「映画をめぐる美術――マルセル・ブロータースから始める」に行ってきました。

マルセル・ブロータース。一カ月前までまったく知らない名前でした。ベルギー出身の芸術家で、1960~70年代にかけてオブジェや写真・短編映画の制作、著述活動など幅広い創作を展開したそうです。

***

DSCN7214

「映画をめぐる美術――マルセル・ブロータースから始める」
2014年4月22日(火)~6月1日(日)、東京国立近代美術館
「本展覧会は、ユーモラスかつエレガントな振る舞いで、言葉とイメージの関係を浮かび上がらせるブロータースの実践を手がかりに、現在、国際的に活躍する美術家13名のフィルム、写真、ヴィデオ、インスタレーション等の作品を読み解いてみようという試みです」(展覧会チラシより)
***

展覧会の英題は、“Reading Cinema, Finding Words : Art after Marcel Broodtheaers”。映画を“読む”、言葉を探す。このフレーズが気になっていました。

ブロータースという人は、映画を「言語の拡張」、「書くための新しい方法」として捉えていたそうです。これはもちろん、“動く絵”の方が言葉による説明より多くを伝えられるということではなくて、言葉の可能性を試すための映画、みたいな意味合いなのだと思います。こういう、映画が映画であること以外の何かを目指すよう背中を押されている感じ、“さあ、考えてみよう”という雰囲気に僕はなかなか入り込めなくて、会場で常時上映されていた数本のブロータース作品を前に「なるほど」と頷くことしかできませんでした。もしかしたら、まったく別のそれらしいテーマのもとでこれらの作品を見ても、同じように「なるほど」と頷いたかも。僕はむしろ、マルセル・ブロータースという人の書いた言葉そのものを読んでみたいと思いました、詩とか。あるいは彼の多様な創作活動全般についての展示が見てみたい。

とはいえ、複数の映写機がカラカラ回って白壁に映画を映し続けている中央のホールは、薄暗くて涼しくて実に居心地がよく、ブロータース作品を呼び水として計6つのシアターへと客を導く構成も好きでした。映画館で上映開始のブザーが鳴るのを待つ間のあの贅沢なワクワク感、念のためトイレを済ましておこうと廊下の絨毯の上を小走りで駆ける時のソワソワ感、そういう感覚をひさびさに満喫しました。

DSCN7217

一時間ちょっとしか滞在しなかったのですべては見きれませんでしたが、各シアターで上映されている映画のいくつかは、けっこうガーンときました。ひきこまれました、おもしろいです。先ほどブロータース作品について否定的なことを書いてしまいましたが、展覧会全体を通じて、“言葉”について、”書く”ことについてたくさんのことを考え、自分自身の記憶も含めたくさんの“イメージ”が頭のなかに浮かびまくる、濃密な時間を過ごすことができました。かなり疲れました。「疲れれば疲れるほどよい映画」という、もう長い間会っていない友人の言葉を思い出しました。必ずしもそうじゃないと思うけど、この日の僕の疲れはとても“よい疲れ”でした。

機会があったら、ぜひ行ってみてください。毎週金曜日夕方には、上映会もあるそうですよ!

石鍋

 


カテゴリー: その他, エッセイ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です