クリスマスということで、キリスト教関連の本のご紹介です。

12月25日はクリスマス。ということでキリスト教の本を少しですが、ご紹介いたします。

ところで、キリスト教の正典である聖書、これは当たり前ですが、旧約聖書であれ新約聖書であれ、一冊の書物です。ということは、作者がいたり、編者がいたりするわけです。それらが一体誰なのかという問いに明確に答えることは難しいようですが、少なくとも、「編集された書物」であることを意識して読んでみると、キリスト教の一面、あるいは作者、編者の意図したものがなんなのか、ということがうっすらわかってくるように思えます。
新約聖書には4つの福音書が入っていますが、キリストの生涯についての記述をなぜ4つも載せなければならなかったのでしょうか。最後の「ヨハネの黙示録」の意味不明な言葉の数々、それらはいったい何を意味するのでしょうか。
いろいろな疑問がわいてきます。

さらに、日本では2006年に出版された「ユダの福音書」や、「ナグ・ハマディ文書」など、いわゆる新約聖書外典を読むと、初期のキリスト教が、現在のキリスト教とはかなりかけ離れた教えだったということがわかります。
新約聖書成立までの道のりは、相当な権力闘争、宗教論争が繰り広げられていたということが、容易に理解できます。

下にご紹介いたしました3冊は、それら初期キリスト教におけるさまざまな疑問を解決する糸口になると思います。


60219657_th

「描かれなかった十字架」
秦剛平 青土社 2005年カバー・帯 カバー少スレ有

1,200円

ご注文はこちらからどうぞ

 

61264743_th

「新約聖書正典の成立」
荒井献編 日本基督教団出版局 1988年 函

2,800円

ご注文はこちらからどうぞ

 

60112721_th

「ユダとは誰か」
荒井献 岩波書店 2007年 カバー・帯 小口極少ヨゴレ有

2,500円

ご注文はこちらからどうぞ

 

在庫はそれぞれ一点限りですので、品切れの際は、どうぞご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。

高松

 

********************************
クラリスブックスでは、随時古本の買取を行っております。
ご不要の書籍等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください!
古本買取フォームはこちらからどうぞ!
直接メール、お電話、FAXをいただいても結構です。
・メール info@clarisbooks.com
・電話 03-6407-8506
・FAX 03-6407-8512
誠心誠意、対応させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
クラリスブックスホームページ http://clarisbooks.com/
クラリスブックス買取専用ページ http://kaitori.clarisbooks.com/
********************************

miniicon

 

 


カテゴリー: おすすめの本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です