ショウガと僕と下北沢

こんにちは。

いよいよ本格的に寒くなってまいりましたね。

寒いと決まってショウガがもてはやされます。ショウガ飴、ショウガコーヒー、ドライジンジャー、ショウガの蜂蜜漬け、などなど。街を歩けばショウガにあたる。何日か前のすごく寒い雨の日の昼休み、モスバーガーの幟に「生姜と醤油麹のスープ」というのを見つけました。

寒いからってショウガ、流行ってるからって麹。ケッ

と思って通り過ぎようとしたのですが、とても寒かったので、まんまと飲んじゃいました。

しょうが

あったまりました。

そういえば数日前、台所でショウガパウダーの瓶詰というのを見つけました。昨年の冬に「これは便利だ」と購入し、1、2回使って完全に忘れ去った品。賞味期限は来年の1月末なので、この冬中に使いまくろうと思います。

もす

さて、このモスバーガーですが、迷いやすい下北沢の街中にあって、とてもよい目印になります。いま作業中の事務所に人を呼ぶ際も、道案内に「モスバーガーの角」という言葉をよくつかいます。

すたば

「スターバックスの通り」というのもよく使いますね。

願わくば、「クラリスブックスの下で待ち合わせ」なんて言ってもらえるようなお店にしたいです。がんばります。

石鍋健太


カテゴリー: エッセイ, クラリスブックスについて, 下北沢 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です