エッセイ」カテゴリーアーカイブ

映画「あたらしい野生の地 リワイルディング」を見て思うこと

2016年11月 文・高松徳雄 美しい自然の描写にただただ見入ってしまうばかりだ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 映画について | コメントする

古本出張買取の帰りに立ち寄った町中華の店、グリフフジサワ(光陽楼)

こんにちは、店主の高松です。 先日、練馬区の光が丘の方まで古本出張買取に行ってき … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 古本買取のご案内 | コメントする

美味しいご飯を求めて・・・古本出張買取でのランチ

古本の出張買取でいろいろな所を回るので、せっかくだから美味しいご飯を食べたい! … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする

映画『アンダーグラウンド』の衝撃、下高井戸シネマにて。

店主の高松です。 先日、下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の『アンダ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 映画について | コメントする

羊が一匹、外へ

こんにちは、クラリスブックスの石鍋です。いつも当店のブログをご覧いただきありがと … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, クラリスブックスについて | コメントする

「スターシップ・トゥルーパーズ」イヤー は、こない。

文・石鍋健太 2015年11月、PS4・Xbox One・PC向けソフト「Sta … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 映画について | コメントする

SF礼賛、あるいはなんとなく救われたい願望について

文・石鍋健太 ■ SF、といっても食べ物の話 先日、“ 町のおそば屋さん ” と … 続きを読む

カテゴリー: おすすめの本, エッセイ, 映画について | コメントする

実際の姿かたちは割とどうでもいい――谷崎潤一郎の言葉と眼差し その2

文・石鍋健太 谷崎潤一郎のメモリアルイヤーにちなんだブログの第2弾です。 前回の … 続きを読む

カテゴリー: おすすめの本, エッセイ | コメントする

何も捉える気がないのに凝視 ―― 谷崎潤一郎の言葉と眼差し その1

文・石鍋健太 今年没後50年、来年には生誕130年を迎える作家・谷崎潤一郎(18 … 続きを読む

カテゴリー: おすすめの本, エッセイ, クラリスブックスについて | コメントする

デスピサロのはらがあやしくうごめいたあの日から25年

文・石鍋健太 ■  会わなくっても、「サイレンノート」であいつとは通じ合っていた … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする