揚げ物、焼き魚、ビール、幸せ。― 下北沢のお店紹介その10「山角」

1

文・石鍋健太

下北沢で食事する機会が多い人は、どこのお店のメニューかすぐわかるかもしれません。定食屋の「山角」です。こういう雰囲気のメニューを見ると楽しい気分になります。文字数は多いしいろんなことが書いてあるけれど、適度にすっきりさっぱりしていてうるさくない絶妙なさじ加減。「さて何をどう頼もうか」とわくわくさせるいいメニューだと思うのですが、いかがでしょうか。

メニューがよい店は料理もおいしい!とは限らないし、むしろ感動的な店のメニューは変にないがしろにされてて「どうした?」と思うこともありますが、「山角」に関しては料理もおいしいし盛りもよいし、スタッフの女性たちも明るく元気でとてもよい店です。ゆったり過ごせるので普段づかいに最適。以下いくつか定食を紹介しましょう。

山角 下北沢

▲ テッパンのとり唐揚げ定食。写真撮る前に唐揚げ2個くらい食べてしまいました

山角 下北沢

▲ 焼サンマ定食

山角 下北沢

▲ と、サバ塩定食。どちらもだいこんおろしの量がベスト!

山角 下北沢

▲ 夏場はもっぱらゴーヤチャンプルー定食

とてもしっかりした定食屋さんです。揚げものや焼き魚中心ですが、おつまみも充実しています。メニューは昼も夜もまったく同じで、ご飯は一人一回おかわり無料、単品にはプラス200円でご飯・味噌汁・おしんこセットをつけることができ、逆に定食をマイナス200円で単品化することも可能。以上のシステムを駆使することによって、サッと定食を食べるだけでなく、ひとりでのんびり酒を飲んだり家族で食事したり仲間と飲み会したりと、さまざまな楽しみ方ができるすばらしい店です。

山角 下北沢

先日、妻子が下北沢に遊びに来た際には、唐揚げ定食とサバ塩定食、単品でハムカツ2枚を頼みました。揚げ物を分け合い、かつ一回分ご飯をおかわりして、わずか2000円足らずで全員腹いっぱいに。完璧な注文だったと自負しております。

しかしこの店での昼間のひとり酒は最高でしょうなー!私はいつも「いいなあ」と思いつつ、若者が文庫本とか読みながらビールをグビグビ飲み、揚げ物をザクザク食べるのを横目で見ています。ずるい。どうかその時間を大切に、噛みしめるように味わってほしい。

・「下北沢のお店紹介」バックナンバーはこちらからどうぞ

・クラリスブックスのフェイスブックページもよろしくお願いします!


カテゴリー: エッセイ, 下北沢 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です