こんにちは、店主の高松です。

先日発行された古書組合の業界紙である『古書月報 2014/12 467号』に、私の文章が載りました。「思い出の一冊」というテーマでなにか書いてくれないか、と頼まれたのでした。いろいろと考えましたが、江戸川乱歩の『時計塔の秘密』を思い出の一冊としました。せっかく書いた文章なので、当店のブログにも載せました。ついでに写真も付けちゃいました〜よろしくお願いいたします。

 

時計塔

思い出の1冊は何かと問われて即答できないのは、今までの人生の中で本との出会いが多数あったからではなく、また逆に、心揺さぶられる作品に出会ったことがないというわけでもなく、自分の読書経験や書物との出会いがかなり偏ったジャンルにあるため、その僅かな選択肢の中から選び出すのが難しいからである。

私は大学で西洋哲学を専攻していた。二年の時、デカルトの『方法序説』を丹念に読み込む授業を受けていたが、ふと担当の教授が昔を懐かしむように(学生運動盛んだった当時を振り返るように)、日本の作家埴谷雄高について語り出したのである。初めて耳にする名前だった。彼の主著『死霊』はものすごい作品で、機会があったら読みなさいと言われ、素直にその言葉に従った結果、あれよあれよと言う間に、哲学科でありながら、私は卒論では埴谷雄高の『死霊』をテーマに選ぶに至ったのだった。その物語の圧倒的な深さに、身も心もどっぷりと浸かってしまったのだが、なぜこうも心酔してしまったのか、いわゆる作者との同時代性というものすら感じ、さらに“馬が合う”という表現すら使いたくなるような親近感を作者に覚えたのだが、なぜそこまでそう思えたのか、、、その理由が解明できた1冊を、私の思い出の1冊としたい。それは、江戸川乱歩の『時計塔の秘密』である。

江戸川乱歩 時計塔の秘密 幽霊等 古本買取

この作品は少年探偵シリーズの1冊で、私は小学校の高学年の時に読んだ記憶がある。ポプラ社の挿絵入りのあの本である。あまりに面白くて何回も読み直したのだが、これが思い出の1冊である理由は、『死霊』という作品、そして作者埴谷雄高との精神的な奇妙な繋がりを見出すことができたからであった。

『死霊』に心底溺れてしまっていた私は、卒論を書くにあたり、作者埴谷雄高についてももちろんいろいろと調べていた。そして、彼が子供の頃に読んだ小説として、明治の小説家、黒岩涙香の『幽霊塔』があることを発見した。特に気に留めなかったのだが、学生の頃から古本屋巡りが好きだった私は、ぼんやりと小田急線の経堂駅をブラブラしていたところ、大河堂書店さんの店先で懐かしのポプラ社の少年探偵シリーズが数冊並んでいるのを発見して、郷愁にかられて思わず足を止め、その背表紙を眺めてみた。するとそこには子供の頃熱中して読んだ『時計塔の秘密』があったので、思わず買ったのであった。

一人暮らしのアパートに帰宅して、懐かしさに浸りながら本を開くと、そこには、「はじめに」と題された江戸川乱歩自身の言葉が載っていた。後に調べてみると、それは他のシリーズにはない一文で、この作品にだけ付された異例の文章であることがわかった。そしてその内容に私は驚いた。この『時計塔の秘密』は、乱歩自身の作品『幽霊塔』を、皆さん(つまり子供たち)に分かりやすく書き直したものである、ということが書かれていた。さらにその『幽霊塔』なる作品は、実は明治時代の小説家、黒岩涙香の『幽霊塔』を翻案としたものである旨書かれていたのであった。それを読んで私はハッと気づかされた。『死霊』の作者埴谷雄高が子供の頃読んでいたという黒岩涙香の『幽霊塔』は、私にとっては江戸川乱歩の『時計塔の秘密』だったのだ。

江戸川乱歩 時計塔の秘密 幽霊等 古本買取

私は本を読むのが遅く、読みたい本がどんどんと溜まってしまう性質なのだが、『死霊』は、もちろん早く読めるわけではないし、読めない漢字のオンパレードであるにもかかわらず、なぜか読むのがそれほど苦ではなく、すぐその非現実の世界に没入することができるのだった。『死霊』を読んでいるなどと言うと、さぞ本をたくさん読んでいると思われがちなのだが、全くそんなことはなく、私自身、なぜこうもこの作品が自分にしっくりとくるのか、少し不思議であった。

『時計塔の秘密』の冒頭の作者の一文を読んだ時、このモヤモヤしていた謎が晴れやかに解明できた気がした。そこには何か一本の道筋のようなものが見え隠れして、世代という垣根を越えてなお感じることのできる同時代性を見出したのだった。

江戸川乱歩 時計塔の秘密 幽霊等 古本買取

さてその後、黒岩涙香の『幽霊塔』も、実はその底本となっているイギリスの小説が存在するということを、古書店で働き始めたときにようやく知り、そしてその作品が数年前『灰色の女』というタイトルで出版されるという、私にとってはとてつもない一大事件が起こり、私の中にのみ存在した、この時計塔にまつわる不気味な一本のレールは、ようやく完結したように思えたが、この『灰色の女』の作者、A.M.ウィリアムスンなるイギリス人女性の正体は以前不明のままである。

最後に、私の店の名前「クラリスブックス」は、映画『羊たちの沈黙』の主人公から取ったのだが、人によっては、宮崎駿の『ルパン三世カリオストロの城』の王女クラリスと思われるようである。しかし、このアニメにも時計塔が出てくるということに今更気づいて、宮崎駿が、涙香か乱歩の『幽霊塔』を読んで、そこに物語のヒントを得たのでは、という話が昔のアニメ雑誌に掲載されていることを知り、そう考えると、店名の「クラリス」は、結果そうなるべくしてそう名付けられた店名だったのだなと、またしても不思議な符号に驚きと、そして喜びを感じるのであった。

 

********************************
東京 下北沢 クラリスブックス
〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-26-2-2F
・メール info@clarisbooks.com
・電話 03-6407-8506
・FAX 03-6407-8512
クラリスブックスでは、随時古本の買取を行っております。
ご不要の書籍等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください!
誠心誠意、対応させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
古本買取フォームはこちらからどうぞ!
直接メール、お電話、FAXをいただいても結構です。
営業時間
平日:12時-20時 日曜祝日:12時-19時
定休日:月曜日(祝日の場合は営業いたします)
クラリスブックスホームページ http://clarisbooks.com/
クラリスブックス買取専用ページ http://kaitori.clarisbooks.com/
東京都古書籍商業協同組合加盟店
全国古書籍商組合連合会加盟店
北沢古物商防犯協力会加盟店
東京都公安委員会許可 第303261307438号 クラリスブックス
********************************